追加機能の紹介(FalconEyeGIS)

2017年の初版公開以降、何回かバージョン・アップを行っていますが、このページではそれ
以降に追加された機能、改善された機能について説明しています。

操作説明書は初版時のバージョン3.00のものですので、それ以降に追加、改善された機能
 の操作方法についてはこのページを参考にして下さい。
 操作説明書は現在改定作業中です。しばらくお待ち下さい。

下記のメニュー項目をクリックすると該当の箇所までスクロールします。
※背景図の画像の出典元 国土地理院:地理院タイル
 背景図の地図画像(地理院タイル)のご利用に当たっては、必ず以下を一読の上、
 規約・利用手続きを遵守して下さい。
  ・地理院タイル一覧/地理院タイルのご利用について
  ・国土地理院コンテンツ利用規約
  ・国土地理院の地図の利用手続


【背景図(地理院タイル)を重ねて新しい背景図を作る】

 ●バージョン5.02 リビジョン0 2022-3-27

 背景図の重ね合わせ、及びこの機能に関連する項目について説明しています。

 (1) 背景図の重ね合わせ
 (2) 背景図の編集(全縮尺レベル)
 (3) 背景図のメニュー
 (4) 背景図の表示制御
 (5) 背景図、及びレイヤの表示順序
 (6) 地図、及び背景図の情報

 (1) 背景図の重ね合わせ
 背景図(標準)には「地すべり地形分布図日本全国版」「火山地形分類データ(XXX)」の
 ように画像の絵柄だけではどの地域の情報(画像)なのかわからない、地形がわからない、
 または一部地域にしか画像が存在しないため周辺が空白になるような背景図があります。

 このような背景図画像をもっと効果的に利用できないか、もっと使い易い利用方法が
 ないのか、といろいろ検討してみました。

   

 そこで、利用者が二種類の背景図(背景図(災害)を合せると三つ)を選択して重ねて表示
 できる機能を設け、新たな背景図を利用者のアイデアでいろいろな背景図を作ることが
 できるようにしました。

 背景図の種別の選定、透過度の調整を行ってお好みの背景図を作成して下さい。

 透過度の調整、表示順序の詳細については、
  ・(4) 背景図の表示制御
  ・(5) 背景図、及びレイヤの表示順序について
 の節を参照して下さい。


 以下は2種類の背景図を重ねて(背景図1(標準)と背景図2(標準))表示したときの例です。

  例1「標準地図」と「地すべり地形分布図日本全国版」の組み合わせ
    地すべり地域とその位置・場所が把握しやすくなります。

  

  ※透過度の調整をしています。
  

  例2「陰影起伏図」と「地すべり地形分布図日本全国版」の組み合わせ
    地すべり地域と地形の起伏との関係がよくわかります。

  

  例3「陰影起伏図」と「火山地形分類(富士山)」の組み合わせ
    周辺の起伏・地形も把握できます。

  

  ※透過度の調整をしています。
  

  例4「陰影起伏図」と「全国植生指標データ(250m)2012-06」の組み合わせ
    植生の状態と地表の起伏、地形との関係が分かり易くなります。

  

  伊豆半島、富士山、身延山地、赤石山脈
  ※透過度の調整をしています。
  

  例5「陰影起伏図」と「シームレス地質図」の組み合わせ
    地形と地質との関係が見やすくなります。

  

  紀伊半島、淡路島、四国の東部
  ※透過度の調整をしています。
  

  伊豆半島、富士山、身延山地、赤石山脈
  ※透過度の調整をしています。
  

 (2) 背景図の編集(全縮尺レベル)
  全縮尺レベルにおける背景図の種類を、これらの画面から設定することができます。

  

 【背景図1(背景図)の編集画面】
  縮尺レベル0から18までの各レベルの背景図1(背景図)における背景図の種類を設定する
  ことができます。

  ※背景図1(標準)
  

 【背景図2(背景図)の編集画面】
  縮尺レベル0から18までの各レベルの背景図2(背景図)における背景図の種類を設定する
  ことができます。
  なお、背景図1(標準)と背景図2(標準)とは同じ背景図種類が定義されています。

  ※背景図2(標準)
  

 【背景図3(災害)の編集画面】
  縮尺レベル0から18までの各レベルの背景図3(災害)における背景図の種類を設定する
  ことができます。

  背景図3(災害)の背景図は、背景図1(標準)、背景図2(標準)の上に重ねて表示されます。
  ※背景図3(災害)
  

 (3) 背景図メニュー表示、背景図の選択
  画面右上の三角マークをクリックすると該当の背景図メニューが表示されます。
  これらの画面では、現在の縮尺レベルでの背景図の表示・非表示を設定することができます。

   ・青色の三角マーク  背景図1(標準)
   ・緑色の三角マーク  背景図2(標準)
   ・赤色の三角マーク  背景図3(災害)

   

   現在設定されている背景図種別は赤色で表示されます。
   ※背景図1(標準)
   

   列数が3列を超える場合は、スクロールボタンが表示されますので、
   メニューをスクロールさせて、背景図種別を選択して下さい。
   

   ※背景図2(標準)
   

   ※背景図3(災害)
   

 (4) 背景図の表示制御
  現在の縮尺レベルで設定されている背景図1(標準)、背景図2(標準)、背景図3(災害)
  の背景図の表示・非表示、透過度を設定することができます。
   

 (5) 背景図、及びレイヤの表示順序
  背景図、及びレイヤは以下の順番に上書き表示されます。
  重なりによる見え方は各背景図、各レイヤの透過度を調整して下さい。
   

 (6) 地図、及び背景図の情報表示
  画面左上の上段
   三角マークをクリックすることにより、この情報の表示・非表示を選択できます。

   以下の情報を表示しています。
    ・縮尺レベルとこのレベルの縮尺範囲
    ・縮尺率
    ・画面中心点の緯度・経度

   

  画面左上の下段
   三角マークをクリックすることにより、この情報の表示・非表示を選択できます。
   現在の縮尺レベルで設定されている3種類の背景図の情報を表示しています。

   以下の情報を表示しています。
    ・表示・非表示
    ・現在の縮尺レベルで設定されている背景図の種別
    ・現在の縮尺レベルで設定されている背景図の種別がどの縮尺レベルにデータが存在
     するかを表示しています。

    ※該当するレベルでも背景画像がキャッシュされていない場合は表示されないので
     その場合は「背景図ダウンロード」をクリックすると画面に表示され、同時に
     キャッシュされます。

     

トップへ戻る

【座標コピー(キャプチャー)機能】

 ●バージョン5.01 リビジョン0 2022-1-28

 他のソフトで位置情報を入力する必要がある、文章等に位置情報を入力したい等のときに
 便利にご利用頂ける機能です。

 地図の任意の座標(緯度・経度)、またはレイヤの図形(地物)の座標をキャプチャーし、
 座標(緯度・経度)のテキストデータを貼り付けることができます。

 (1) 座標コピー書式設定
 (2) 座標コピーの開始
 (3) 座標コピーの中止

 (1) 座標コピー書式設定
 「保存・印刷・クリップボード」タブの「座標コピー書式設定」ボタンをクリックすると、
 「座標コピー書式設定」ダイアログ画面が表示されます。

  

  この画面では、表示・キャプチャー時の書式を編集します。
  
 (2) 座標コピーの開始
 「座標コピー開始」ボタンをクリックすると、マウス右ボタンクリックで、座標
 (緯度・経度)を取得・表示します。

  ポップアップ画面の「座標コピー」ボタンをクリックすると、表示データが
  コピー(キャプチャー)され、貼り付けることができます。

  ※「地図の指定点」のモードで、任意の位置で右クリックしたときの表示例
  

  建物のレイアを選択している状態で、「選択レイヤ図形(地物)の端点」を選択し、
  建物近くで右クリックしたときの表示例(最近傍の図形(地物)端点座標を検索します)。

  ※書式は「書式A」です。
  

 (3) 座標コピーの中止
  座標コピーを開始するとボタンの名称が「座標コピー中止」に変わり、地図画面左上にも
  「座標コピー中止」ボタンが表示されます。
  どちらボタンでも座標コピーの機能を中止することができます。

  

トップへ戻る

【GPSデータを表示・編集する機能】

 ●バージョン5.00 リビジョン0 2021-12-19

 GPSデータの表示・編集と関連機能について説明しています。

 (1) GPSデータの表示・編集
  (1.1) 描画属性
  (1.2) データ編集
 (2) 表示例と関連機能の紹介
  (2.1) GPSファイル(GPXファイル)の読み込み
  (2.2) DB一覧表示・編集
   ・SHAPE出力
   ・CSV出力
  (2.3) DB個別表示・編集
  (2.4) 座標コピー
  (2.5) 主題図の作成
   ・DB項目値表示
   ・段階色区分
   ・条件式色区分

 (1) GPSデータの表示・編集
  GPSのデータ(GPXファイル)の表示、編集ができるようになりました。
  データには以下の3種類があり、すべて、表示、編集が可能です。

   ・ウェイポイント(Way)
   ・ルートポイント(Route)
   ・トラックポイント(Track)

  読み込まれたデータは、その種類により、以下のレイヤに分割されて扱われます。
   ・GPSウェイポイントレイヤ
   ・GPSルートポイントレイヤ
   ・GPSトラックポイントレイヤ

  ※ファイルには、ひとつのデータ種別、または複数のデータ種別のデータが格納されています。
   されています。
  ※このバージョン以前では、トラックデータがポイントレイヤとして表示され、編集は不可
   でした。

  (1.1) 描画属性
   GPSデータの各レイヤの描画属性について説明します。

   GPSウェイポイントレイヤ
    ・ポイントアイコンの選択
    ・ポイント間を線で結ぶ・結ばない

    

   GPSルートポイントレイヤ
    ・ポイントアイコンの編集(アイコンの選択または円マークの表示、もしくは表示しない)
    ・ポイント間を線で結ぶ・結ばない
    ・進行方向の三角マークを表示する・表示しない

    

   GPSトラックポイントレイヤ
    ・ポイントアイコンの編集(アイコンの選択または円マークの表示、もしくは表示しない)
    ・ポイント間を線で結ぶ・結ばない
    ・進行方向の三角マークを表示する・表示しない

    

  (1.2) データ編集
   画面左上の「レイヤツリー」でレイヤを指定(クリック)し、編集機能のボタンをクリック
   すると編集機能が開始します。

   個別の図形編集機能
    ・個別ポイント追加
    ・個別ポイント削除
    ・個別ポイント移動

    

   領域の図形編集機能
    ・領域ポイント削除
    ・領域ポイント移動

    

 (2) 表示例と関連機能の紹介
  (2.1) GPSファイル(GPXファイル)の読み込み
   GPSのファイル(GPXファイル)を読み込んだときの例です。
   ウェイポイント、トラックポイント、ルートポイントのレイヤが表示されています。
   ポイントのアイコンはレイヤの描画属性編集機能で変更することができます。

    

  (2.2) DB一覧表示・編集
   「DB一覧表示」「DB一覧編集」ボタンをクリックすると各ポイントの項目値が一覧形式
   で表示され、各ポイントの項目値の確認、編集ができます。
   一覧表の行をクリックすると、該当するポイント図形が赤矢印で指し示しまされ、
   図形も赤色で表示されます。

    ※列名部分をクリックすると昇順ソート、逆順ソートで並び替えられます。
    

    

   ・SHAPE出力
    一覧表の「SHAPE出力」をクリックするとポップアップ画面が
    表示されます。
    出力が不要な情報はこの画面で除外することができます。
    座標データ(緯度・経度)、DB項目値データがポイントの
    シェープファイルとして出力されます。

    

   ・CSV出力
    一覧表の「CSV出力」をクリックするとポップアップ画面が表示されます。
    出力が不要な情報はこの画面で除外することができます。
    DB項目値と座標データ(緯度・経度)がCSVファイルとして出力されます。

    

  (2.3) DB個別表示・編集
   「DB個別表示」「DB個別編集」の機能で、各ポイントのDBデータ
   を確認、編集することができます。
   図形を指定方法は、ポイント近傍をクリックして表示する方法と
   マウスモーション(移動)で表示する方法があります。

  (2.4) 座標コピー
   ポイントの座標データ(緯度、経度)を他のソフトで利用したい、テキストデータとして
   貼り付けたい等のときにご利用下さい。
   座標データの書式は「座標コピー書式設定」の画面で設定します。

    

  (2.5) 主題図の作成例
   標高値を用いた主題図機能の利用例を紹介します。

   ・DB項目値表示
    各図形のDB項目値を図形の近辺に表示します。複数個の項目を指定することが
    できます。
    文字サイズの調整、表示位置の調整が行え、位置の調整は、赤マークをマウス
    プレスし、移動することにより行います。

    

   ・段階色区分
    DB項目値「標高」を用いて、最高標高値と最低標高値の間を10段階に色分けして表示
    しています。
    赤色に近いほど標高が高く、水色に近いほど標高が低いことを表しています。
    色分けは2段階から20段階までの設定が可能です。

    ※青い旗はウェイポイントのデータです。
    ※色の特記説明はマウスプレスし、自由に移動することができます。
    

   ・条件式色区分
    DB項目に対して条件を設定し、条件を満たすポイント(図形)と満たさないポイント
    が色分けされて表示されます。
    初期設定では、満たす図形(ポイント)は赤色、満たさない図形は緑色で表示されます。
    図形の描画属性は「描画属性」ボタンをクリックし、描画情報の編集画面を呼び出す
    ことにより行います。

    複数の項目に対して、以下のような条件式が設定できます。

     数値項目、日付項目の場合
      ・項目値 = 条件値
      ・項目値 <> 条件値
      ・項目値 > 条件値
      ・項目値 < 条件値
      ・項目値 >= 条件値
      ・項目値 <= 条件値

     文字項目の場合
      ・一致
      ・不一致
      ・前方一致
      ・後方一致
      ・前方一致(not)
      ・後方一致(not)
      ・中間一致

     ※「標高」に対して条件を設定し、高度差で図形が
      色分けされています。
     ※図形の描画属性を設定することができます。

       枠線
        ・色
        ・色の透過度合
        ・線種
        ・線幅

       塗潰し
        ・色
        ・色の透過度合

     

     

トップへ戻る

【プロジェクトからレイヤを抽出する機能】

 ●バージョン4.00 リビジョン0 2019-1-8

 レイヤ抽出の機能とその操作方法について説明しています。

 (1) レイヤ抽出
 (2) 操作方法

 (1) レイヤ抽出
  保存されているプロジェクトから指定のレイヤを抽出する(読み込む)機能です。

 【レイヤ抽出機能の実装前】
  以前作成したレイヤと同じレイヤが必要となった場合に、ファイルの読み込み、図形の編集、
  描画属性の設定というような作業を毎回する必要があり、効率の良くない作業となっていま
  した。

 【レイヤ抽出機能の実装後】
  作成済みのプロジェクトの中に必要とする(利用可能な)レイヤがすでにある場合、それを
  呼び出して、現在編集中のプロジェクトに組み入れることができるようになりました。
  ※背景用レイヤはレイヤ抽出の対象外です。

   

  (2) 操作方法
  「プロジェクト」をクリックし、「抽出:プロジェクトからレイヤを抽出する」を選択する。
   

  プロジェクトの一覧から抽出するレイヤが含まれているプロジェクトを選択し、
  [レイヤを抽出する]ボタンをクリックする。

  ※マウス位置のプロジェクトに登録されているレイヤがポップアップで表示されます。
  ※項目名をクリックすることで行番号、プロジェクト名、作成日時、更新日時の
   昇順・降順の並び替えができます。
   

  抽出するレイヤにチェックを入れ、[レイヤの読込]ボタンをクリックする。
  指定のレイヤが読み込まれ、表示されます。

  ※各レイヤのレイヤ種別、データ個数、座標点数が表示されます。
  ※複数レイヤ指定可。
   

トップへ戻る